未来のコンピュータの
あるべき姿を探究
九州大学
サイバーフィジカル・コンピューティング研究室

About us

情報 (I: Information) と電気電子 (E: Electrical/Electronics) の融合に基づく新しいコンピュータアーキテクチャの創成と、圧倒的なコンピューティング・パワーを活用した新しい応用技術の開拓を目指しています。
実世界で生成された大量データに対し、サイバー世界で極めて効率良く処理し、実世界にフィードバックするサイバーフィジカル・コンピューティング、それを支える未来のコンピュータのあるべき姿を探求するとともに、実社会での活用を見据えて応用展開することが我々の目標です。

News

  • 2022/09/12
    10月に米国シカゴで開催されるMICROにて量子コンピュータに関する研究発表を行います.[Y. Suzuki, T. Sugiyama, T. Arai, W. Liao, K. Inoue, T. Tanimoto, Q3DE: A fault-tolerant quantum computer architecture for multi-bit burst errors by cosmic rays]
    米国シカゴで開催されるMICROにて量子コンピュータに関する研究発表を行います.[Y. Suzuki, T. Sugiyama, T. Arai, W. Liao, K. Inoue, T. Tanimoto, Q3DE: A fault-tolerant quantum computer architecture for multi-bit burst errors by cosmic rays]
  • 2022/07/28
    M2の石川伊織さんが情報処理学会システム・アーキテクチャ研究会2021年度年間優秀発表賞を受賞しました(発表タイトル:単一磁束量子回路によるビット幅可変加算器の設計と評価)。おめでとうございます!
    M2の石川伊織さんが情報処理学会システム・アーキテクチャ研究会2021年度年間優秀発表賞を受賞しました(発表タイトル:単一磁束量子回路によるビット幅可変加算器の設計と評価)。おめでとうございます!
  • 2022/07/28
    下関で開催された SWoPP(情報処理学会ARC研究会) にて鴨志田圭吾が超伝導コンピューティングに関する研究成果を発表しました.[鴨志田ほか, 単一磁束量子プロセッサ向けキャッシュメモリ構成法の検討と定量的評価]
    下関で開催された SWoPP(情報処理学会ARC研究会) にて鴨志田圭吾が超伝導コンピューティングに関する研究成果を発表しました.[鴨志田ほか,  単一磁束量子プロセッサ向けキャッシュメモリ構成法の検討と定量的評価]
  • 2022/07/27
    下関で開催された xSIG にてKuan Yi Ng がエッジコンピューティングに関する研究成果を発表しました.[K. Y. Ng et al., Layer-wise power/performance analysis for single-board CNN inference]
    下関で開催された xSIG にてKuan Yi Ng がエッジコンピューティングに関する研究成果を発表しました.[K. Y. Ng et al., Layer-wise power/performance analysis for single-board CNN inference]
  • 2022/06/21
    米国ニューヨークで開催されたISCAにて量子コンピュータに関する研究発表を行いました.韓国ソウル大学との共同研究の成果です.[I. Byun et al., XQsim: Modeling Cross-Technology Control Processors for 10+K Qubit Quantum Computers]
    米国ニューヨークで開催されたISCAにて量子コンピュータに関する研究発表を行いました.韓国ソウル大学との共同研究の成果です.[I. Byun et al., XQsim: Modeling Cross-Technology Control Processors for 10+K Qubit Quantum Computers]

Research Topics

1. Superconductor Computing

2. Quantum Computing

3. Nano-Photonic Computing

4. Secure Computing

5. Environmentally Scalable Computing

6. Domain-Specific Edge/Cloud Computing

7. CPU/Memory Microarchitecture and VLSI Technology

Selected Publications

  • 国際会議(査読付き)

    Yasunari Suzuki, Takanori Sugiyama, Tomochika Arai, Wang Liao, Koji Inoue, and Teruo Tanimoto, “Q3DE: A fault-tolerant quantum computer architecture for multi-bit burst errors by cosmic rays,” the 55th IEEE/ACM International Symposium on Microarchitecture (MICRO), Oct. 2022 (to appear).

  • 国際会議(査読付き)

    Ilkwon Byun, Junpyo Kim, Dongmoon Min, Ikki Nagaoka, Kosuke Fukumitsu, Iori Ishikawa, Teruo Tanimoto, Masamitsu Tanaka, Koji Inoue, and Jangwoo Kim, “XQsim: Modeling Cross-Technology Control Processors for 10+K Qubit Quantum Computers,” ACM/IEEE International Symposium on Computer Architecture (ISCA), pp. 366-382, June 2022.

  • 論文誌(査読付き)

    Koki Ishida, Ilkwon Byun, Ikki Nagaoka, Kousuke Fukumitsu, Masamitsu Tanaka, Satoshi Kawakami, Teruo Tanimoto, Takatsugu Ono, Jangwoo Kim, and Koji Inoue, “Superconductor Computing for Neural Networks,“ in IEEE Micro (IEEE’s Top Picks), pp.1–8, May/June 2021.

  • 論文誌(査読付き)

    Kenichi Kitayama, Masaya Notomi, Makoto Naruse, Koji Inoue, Satoshi Kawakami, Atsushi Uchida, “Novel frontier of photonics for data processing – Photonic accelerator -,” APL Photonics, Vol.4, No.9, pp.090901-1-090901-24, Sep. 2019.

  • 国際会議(査読付き)

    Koki Ishida, Ilkwon Byun, Ikki Nagaoka, Kousuke Fukumitsu, Masamitsu Tanaka, Satoshi Kawakami, Teruo Tanimoto, Takatsugu Ono, Jangwoo Kim, and Koji Inoue, “SuperNPU: An Extremely Fast Neural Processing Unit Using Superconducting Logic Devices,“ 2020 53rd Annual IEEE/ACM International Symposium on Microarchitecture (MICRO), pp.58–72, Oct. 2020.

  • 国際会議(査読付き)

    Ikki Nagaoka, Masamitsu Tanaka, Koji Inoue, Akira Fujimaki, “A 48GHz 5.6mW gate-level-pipelined multiplier using single-flux quantum logic,” IEEE International Solid-State Circuits Conference (ISSCC), pp.460-462, Feb. 2019.

  • 国際会議(査読付き)

    Yuichi Inadomi, Tapasya Patki, Koji Inoue, Mutsumi Aoyagi, Barry Rountree, Martin Schulz, David Lowenthal, Yasutaka Wada, Keiichiro Fukazawa, Masatsugu Ueda, Masaaki Kondo, Ikuo Miyoshi, “Analyzing and Mitigating the Impact of Manufacturing Variability in Power-Constrained Supercomputing,” In Proceedings of the International Conference for High Performance Computing, Networking, Storage and Analysis (SC), No.78, pp.78:1-78:12, Nov. 2015.

Recruiting Students and Research Staff

CPC Labs.へようこそ!
我々は、「未来のコンピュータのあるべき姿の探究」と「革新的コンピュータの応用技術の探索」を柱として研究を進めています。
1940年頃に開発されたコンピュータは、今や「単なる計算機」ではなく「社会を支える情報インフラ」としての役割を担っています。
明日の情報社会を支える新しいコンピュータを一緒に開発しましょう。

Access

サイバーフィジカル・コンピューティング研究室

〒819-0395
福岡県福岡市西区元岡744
九州大学 伊都キャンパス ウエスト2号館606号室